私の親友は「真実」|アイザック・ニュートン24の名言[英語と和訳]

アイザック・ニュートン(Isaac Newton)の英語&和訳の名言を理解するためのヒント-どんな人だったのか

ニュートンの言葉-お気に入りBEST3
(1)Truth is ever to be found in simplicity, and not in the multiplicity and confusion of things.(真実は、多様さや混乱の中でなく、つねに単純さの中から見いだされる。)
(2)To every action there is always opposed an equal reaction.(すべての行動には、常にそれと等しい反対意見がある。)
(3)I can calculate the motion of heavenly bodies but not the madness of people.(天体の動きは計算できるが、人々の狂気は計算できない。)

アイザック・ニュートンの功績・エピソード

【3大発見の着想を得たペスト流行による余暇】
ガリレオ・ガリレイデカルトと並ぶ近代科学の祖であり、先人たちの業績を礎として科学誌に残る数々の発見をしたのがアイザック・ニュートンである。特に「万有引力の法則の発見」、「微分積分法の発見」、反射望遠鏡の開発などにつながる「光のスペクトル分析」はニュートンの「3大発見」と呼ばれているが、これらの基礎となるひらめきは、すべて1665年からの約2年間で行なわれている。
この年、ロンドンを中心にペストが大流行し、ニュートンの通っていたケンブリッジ大学も閉鎖になった。そこで同年10月、イングランド東部にある生まれ故郷ウールスソープに帰ったニュートンは1667年3月まで故郷で過ごすのだが、特に何もすることがない毎日は彼にとって貴重な時間となった。三十年戦争に従軍していたデカルトは、ある時休暇の1日を炉部屋でひとり静かに過ごし、その夜に見た夢の中で著書「方法序説」につながる考えがひらめいたという。これと同じように、ペスト流行による臨時休暇は、静かに思索に耽るためのニュートンの「炉部屋」となったのである。ちなみに、彼が「木から落ちるりんご」をみたのもこの期間のこととされる。

【後世に最後の魔術師と評された理由】
以後、大著「プリンキピア」を出版した1687年ごろまで、ニュートンの人生はおもに若き日のひらめきを形にするために費やされた。ところが、もともと厭世的な面があったニュートンは、大著を書き上げた虚脱感からか、その後、鬱状態に陥る。特に1692年2月に自宅が火事になり、長年積み重ねた光学研究の手記などが失われると、それからの約1ヶ月は正気を失った状態になったという。
それでも、周囲の助けなどによって次第に回復したニュートンは、教え子であった財務大臣モンタギューの計らいで造幣局長官となったほか、国会議員や王立協会会長を歴任。1705年にはナイトの称号を与えられるなど栄光の晩年を過ごした。このころ、彼の研究分野は神学や錬金術がメインとなっていた。
近代科学の祖と錬金術の取り合わせには違和感も感じるが、ニュートンが生涯に残した手記は自然科学に関するものより、神学や錬金術に関するものの方が多い。12歳から大学入学まで、彼は薬剤師の家に寄宿していたが、当時の薬学というのは錬金術から派生した部分も多く、このころから錬金術に興味を示していたのではないかと思われる。そのため、後世ニュートンの錬金術に関する手記を入手した経済学者のケインズなどは、ニュートン誕生300年記念論文集に寄稿した手記の中で、「ニュートンは理性の時代の最初の人ではなく、彼は最後の魔術師だった」と述べている。

【ニュートンの生い立ち・幼年〜青年期】
イギリスの自然哲学者、数学者、物理学者、天文学者で、 1643年に同名の父アイザックと母ハナの間に未熟児として生まれた。父はニュートンが生まれる三ヶ月前に死去しており、母ハナは、ニュートンが三歳の時に再婚し、母は幼子のアイザックの元を離れて再婚相手との生活を始めたため、ニュートンは祖母に育てられることになった。そういう状況からニュートンと母の関係は後年もつかずはなれずの関係ではあるものの決して良好といえる関係ではなかった。親類がニュートンの才能に気づいたおかげで、12歳の時から中等学校に入学させてもらえることになった。しかし自宅から学校へ通える距離ではなかったため、母の知り合いである薬剤師のクラーク家で下宿生活を始めた。この下宿時代に薬学関係の豊富な蔵書に触れて薬学に興味を持つきっかけになった。またクラーク家の養女であるストーリーと親交をふかめ、彼女とは18歳のときに婚約を果たす。クラーク家での学校生活中に、薬学への興味だけでなく薬草の収集や水車、水時計や日時計の製作などを行っていた。ニュートンは体も小さく内向的な子どもだったが、自分をいじめた子供との喧嘩に勝ち自分への自信を持つことができた。ニュートンが14歳のときに、母ハナの再婚相手が死亡したのをきっかけに家に母が戻ってくる。母は農業をニュートンにやらせたかったために学校を退学させるが、ニュートンの適正と周りからの助言を聞き入れてケンブリッジ大学に入学させることになる。ケンブリッジ大学で恩師バローと出会ったこともあり、ニュートンの才能は開花し、万有引力の発見や微分および微分積分発展に寄与した。万有引力の発見はニュートンが23歳の時である。

【アイザック・ニュートンのその他エピソード】
クラーク家のストーリーと婚約はしたが、ニュートンは一生独身のままであった。性格としては、我が強く気難しくて偏屈な一面もあり、意見が合わぬものは反論の余地をあたえず徹底的に論破した。笑ったことは生涯で一度だけとも言われる。(それは論敵がボロを出した際の嘲笑だった)実験や研究には、超人的な集中力を発揮した。食事には無頓着だった。当時は猫を飼うという習慣はなかったが、愛猫家で出入りする猫に、研究に没頭して食べ忘れた食事を猫に与えていたというエピソードも。

※初回投稿日:2017年8月18日

名前: アイザック・ニュートン
Name: Isaac Newton
生まれ: イングランド
生年月日: 1643年1月4日
職業: 物理学者

アイザック・ニュートンの素敵な名言・格言の画像を保存してスマホ待ち受け画像としてお使いください。非商用利用の範囲内でご利用ください。当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

 

アイザック・ニュートン(Isaac Newton)の名言・格言

What goes up must come down.あがったものは必ずさがってくる。Isaac NewtonWhat goes up must come down.
あがったものは必ずさがってくる。

 

Plato is my friend, Aristotle is my friend, but my best friend is truth.プラトンは友達、アリストテレスも友達だが、私の親友は真実である。Isaac NewtonPlato is my friend, Aristotle is my friend, but my best friend is truth.
プラトンは友達、アリストテレスも友達だが、私の親友は真実である。

 

A man may imagine things that are false, but he can only understand things that are true, for if the things be false, the apprehension of them is not understanding.人間は虚偽のものを想像してもよいが、真実のみ理解することができる。虚偽を捉えても理解することはできないのだ。Isaac NewtonA man may imagine things that are false, but he can only understand things that are true, for if the things be false, the apprehension of them is not understanding.
人間は虚偽のものを想像してもよいが、真実のみ理解することができる。虚偽を捉えても理解することはできないのだ。

 

My powers are ordinary. Only my application brings me success.私の力は普通のものだ。私の応用力こそが成功をもたらした。Isaac NewtonMy powers are ordinary. Only my application brings me success.
私の力は普通のものだ。私の応用力こそが成功をもたらした。

 

I frame no hypotheses.私は仮説を立てない。Isaac NewtonI frame no hypotheses.
私は仮説を立てない。

 

Men build too many walls and not enough bridges.我々は多くの壁を造りすぎるが、作るべき橋の数は十分ではない。Isaac NewtonMen build too many walls and not enough bridges.
我々は多くの壁を造りすぎるが、作るべき橋の数は十分ではない。

 

God created everything by number, weight and measure.神は数量、重さ、尺度ですべてを創造した。Isaac NewtonGod created everything by number, weight and measure.
神は数量、重さ、尺度ですべてを創造した。

 

Truth is ever to be found in simplicity, and not in the multiplicity and confusion of things.真実は、多様さや混乱の中でなく、つねに単純さの中から見いだされる。Isaac NewtonTruth is ever to be found in simplicity, and not in the multiplicity and confusion of things.
真実は、多様さや混乱の中でなく、つねに単純さの中から見いだされる。

 

Errors are not in the art but in the artificers.
失敗は技術にではなく技術者に潜んでいる。

 

To every action there is always opposed an equal reaction.すべての行動には、常にそれと等しい反対意見がある。Isaac NewtonTo every action there is always opposed an equal reaction.
すべての行動には、常にそれと等しい反対意見がある。

 

By always thinking unto them.常に、そのことばかりを考えていただけだ。Isaac NewtonBy always thinking unto them.
常に、そのことばかりを考えていただけだ。

 

Genius is patience.天才は忍耐だ。Isaac NewtonGenius is patience.
天才は忍耐だ。

 

I can calculate the motion of heavenly bodies but not the madness of people.天体の動きは計算できるが、人々の狂気は計算できない。Isaac NewtonI can calculate the motion of heavenly bodies but not the madness of people.
天体の動きは計算できるが、人々の狂気は計算できない。

 

As a blind man has no idea of colors, so have we no idea of the manner by which the all-wise God perceives and understands all things.目の不自由な人が色を知らないように、全能の神が知覚し理解していることを我々が知る術はない。Isaac NewtonAs a blind man has no idea of colors, so have we no idea of the manner by which the all-wise God perceives and understands all things.
目の不自由な人が色を知らないように、全能の神が知覚し理解していることを我々が知る術はない。

 

Tact is the knack of making a point without making an enemy.如才のなさとは敵を作らずに自分を主張することである。Isaac NewtonTact is the knack of making a point without making an enemy.
如才のなさとは敵を作らずに自分を主張することである。

 

It is the weight, not numbers of experiments that is to be regarded.実験した数でなく、実験の中身の重要性こそが大切だ。Isaac NewtonIt is the weight, not numbers of experiments that is to be regarded.
実験した数でなく、実験の中身の重要性こそが大切だ。

 

If I have done the public any service, it is due to my patient thought.私が世の中に貢献できたとするならば、それは私の忍耐強い思考によって達成できたのだ。Isaac NewtonIf I have done the public any service, it is due to my patient thought.
私が世の中に貢献できたとするならば、それは私の忍耐強い思考によって達成できたのだ。

 

If I have ever made any valuable discoveries, it has been owing more to patient attention, than to any other talent.もし私が価値ある発見をしたのであれば、それは才能というより、忍耐強く注意を払っていたことに起因するものだ。Isaac NewtonIf I have ever made any valuable discoveries, it has been owing more to patient attention, than to any other talent.
もし私が価値ある発見をしたのであれば、それは才能というより、忍耐強く注意を払っていたことに起因するものだ。

 

This most beautiful system of the sun, planets, and comets, could only proceed from the counsel and dominion of an intelligent and powerful Being.太陽、惑星、彗星からなるこの最高に美しい太陽系は、知的で力ある存在による支配により創造された。Isaac NewtonThis most beautiful system of the sun, planets, and comets, could only proceed from the counsel and dominion of an intelligent and powerful Being.
太陽、惑星、彗星からなるこの最高に美しい太陽系は、知的で力ある存在による支配により創造された。

 

The centre of the system of the world is immovable.体系の中心は不動である。Isaac NewtonThe centre of the system of the world is immovable.
体系の中心は不動である。

 

If I have seen further it is by standing on the shoulders of giants.私が遠くを見ることができたのは、巨人たちの肩に乗っていたからだ。Isaac NewtonIf I have seen further it is by standing on the shoulders of giants.
私が遠くを見ることができたのは、巨人たちの肩に乗っていたからだ。

 

We account the Scriptures of God to be the most sublime philosophy.我々は神の聖書がもっとも崇高な哲学だとみなしている。Isaac NewtonWe account the Scriptures of God to be the most sublime philosophy.
我々は神の聖書がもっとも崇高な哲学だとみなしている。

 

The Ignis Fatuus is a vapor shining without heat.鬼火は熱を持たずに光る蒸気である。Isaac NewtonThe Ignis Fatuus is a vapor shining without heat.
鬼火は熱を持たずに光る蒸気である。

 

I was like a boy playing on the sea-shore, and diverting myself now and then finding a smoother pebble or a prettier shell than ordinary, whilst the great ocean of truth lay all undiscovered before me.私は、海辺で遊んでいる少年のようで、普通のものよりもなめらかな小石やかわいい貝殻を見つけて夢中になった。真理の大海は、目の前に広がっているというのにすべてが未発見のままだ。Isaac NewtonI was like a boy playing on the sea-shore, and diverting myself now and then finding a smoother pebble or a prettier shell than ordinary, whilst the great ocean of truth lay all undiscovered before me.
私は、海辺で遊んでいる少年のようで、普通のものよりもなめらかな小石やかわいい貝殻を見つけて夢中になった。真理の大海は、目の前に広がっているというのにすべてが未発見のままだ。