47の名言とエピソードで知るトーマス・エジソン[英語と和訳]

Thomas Edison|発明王エジソン

トーマス・エジソン(Thomas Edison)の英語&和訳のおすすめ名言と人物像

トーマス・エジソンの言葉-お気に入りBEST3

【エジソンの仕事の定義】Being busy does not always mean real work. The object of all work is production or accomplishment and to either of these ends there must be forethought, system, planning, intelligence and honest purpose, as well as perspiration.(忙しいということは、必ずしも真の仕事とは限らない。すべての仕事の目的は生産か成果であり、これらいずれかの目的のためには、汗と同様に、先見性、システム、計画、知性と公明正大な目的がなければならない。- Edison Innovation Foundationよりエジソンの言葉として引用)
【1000のアイデアより1を実践せよ】I have more respect for the fellow with a single idea who gets there than for the fellow with a thousand ideas who does nothing.(ひたすらに自分の思いつきを述べるだけで、何も成し遂げない者よりも、ただひとつの理想を掲げ、そこへ辿り着く者を私は尊敬している。- Edison Innovation Foundationよりエジソンの言葉として引用)
【誰もがこの世界の責任を負っている】The world owes nothing to any man, but every man owes something to the world.(世界はあらゆる人間に対して何も負うことはないが、ひとりひとりの人間はこの世界のために何かを背負っているのだ。- Edison Innovation Foundationよりエジソンの言葉として引用)

発明王エジソンの生涯・功績・エピソード

【エジソンの生い立ち・幼少期】
発明王エジソンは逸話の宝庫である。正規の教育を3ヶ月しか受けなかったことや、鳥が空を飛ぶのはミミズを食べるからだと考え、近所の娘にすりつぶしたミミズを食べさせた少年期の話など、数え上げればきりがない。出産時、医師から脳炎を疑われたほど頭が大きかった、などと、生まれた瞬間すらも逸話として語り継がれている。
教育学の研究材料になるほどユニークな幼年期を過ごしたエジソンは、自宅の地下室で行っていた実験の費用を稼ぐため、12歳で鉄道の新聞売りとして働き始める。やがて列車内に実験室を移したが、15歳になった1869年に電気式投票記録機を発明して特許を取得。機械自体が採用されることはなかったが、これが生涯で1000件を超えるエジソンの特許の第1号となった。

【エジソンの青年期以降-起業・数々の発明】
続く第2の特許取得案件である株式相場の表示装置などで資金を得たエジソンは、1871年にニュージャージー州ニューアークに印字式電信表示機の工場兼研究所を設立。5年後には同州メンロパークに研究所を移す。このころのエジソンは、部屋に鍵をかけて60時間ぶっ続けで研究に没頭したこともあったといわれ、白熱電球や蓄音機、炭素式送話機、電気機関車の開発など、独創的な発明品を次々と生み出し、いつしか「メンロパークの魔術師」とよばれるようになっていた。

21歳の時に、電気投票記録機で初めて特許を取得。議会での投票にかかる時間を大幅に短縮できるすばらしい発明になるはずだったが、少数派議員の牛歩戦術ができなくなるという理由で採用されることはなかった。この経験から、いくら素晴らしい発明をしても人々が使ってくれなければ意味がないということを痛感し、よく観察し、よく人の意見を聞きいてから発明にとりかかるようになった。その後、電話、蓄音機、電球、トースターなど数々の大発明を行い、1000件を超える特許を取得した。生涯に2度結婚し、(最初の妻は死去)6人の子供を設けた。幼少期の病気による後遺症で難聴であったとされる。また、大勢の前で演説することが苦手だったので、演説の依頼をよく断っていた。1889年にはエジソン・ゼネラル・エレクトリック(ゼネラル・エレクトリックの前身)を設立。

【晩年のエジソンは本気で霊と交信を試みた?】
成人後のエジソンの逸話としては、かつての部下だったニコラ・テスラとの電流戦争(送電システムにおける交流と直流の対決)において、動物を感電死させるパフォーマンスを行って交流の危険性を訴えるなど、やや大人げない話も伝わっている。
一方、晩年の逸話としては、霊との交信の研究があげられる。「人間の霊魂や知性はごく微細な知性の集合体でできており、肉体が死滅しても生き残る」と考えた彼は、霊界交信機を発明しようとしたり、自分の頭に電気コイルをつけてテレパシーの実験を行ったりしている。今日ではオカルト研究と一蹴されてしまいそうだが、当時は奇跡の発明を繰り返した魔術師の研究に、多くの人が期待を寄せたと言われている。

【エジソンの両親・家族】
エジソンは、1847年2月11日にオハイオ州ミランでオランダ系の父サミュエル・オグデンJr.とスコットランド系の母ナンシー・エリオットの間に生まれた。トーマスは7人兄弟の末っ子。放校になっても、家を燃やしても何があっても母ナンシーだけは、トーマス・エジソンのことを理解してくれた。どんな困難にぶちあたったときでも母を喜ばせようと努力を続けることができたと語っている。

【少年期エジソンの 「とんでも」エピソード一覧】
・非常に好奇心の強い異常なほどの知りたがり屋。
・小学校の先生から“too stupid to learn anything.”(頭が悪すぎて何も学べない)と言われ、3ヶ月で小学校から追い出されてしまった。
・「1+1=2」と教えられても「1個の粘土と1個の粘土を合わせたら、大きな1個の粘土なのになぜ2個なの?」と質問。
・英語の授業で、「A(エー)はどうしてP(ピー)と呼ばないの?」と質問。
・「なぜ物は燃えるのか」を知るため、藁を燃やしてたところ、自宅の納屋を全焼。
・15歳の時には働いていた鉄道の駅で、駅長の息子が汽車にひかれそうになったのを助けた。息子を助けたお礼として、駅長から電信の技術を教えてもらった。これは、後に彼がエンジニアとしての人生を歩み始めるきっかけに。

※初回投稿日:2017年8月18日

名前:トーマス・エジソン
Name:Thomas Edison
生まれ:アメリカ合衆国 オハイオ州ミラン
生年月日:1847年2月11日
職業:発明家

トーマス・エジソンの素敵な名言・格言の画像を保存して待ち受け画面やインスタグラム、ツイッター、Facebook等のSNSでお使いください。非商用利用の範囲内でご利用ください。当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

 

トーマス・エジソン(Thomas Edison)の名言・格言・言葉 一覧

I have not failed. I've just found 10,000 ways that won't work.私は失敗したことがない。ただ、1万通りの、うまく行かない方法を見つけただけだ。Thomas EdisonI have not failed. I’ve just found 10,000 ways that won’t work.
私は失敗したことがない。ただ、1万通りの、うまく行かない方法を見つけただけだ。

 

関連名言  アカデミー主演男優2度受賞|ダスティン・ホフマンの英語名言16選
Show me a thoroughly satisfied man and I will show you a failure.完全に満足しきった人がいたら、それは落伍者だ。- トーマス・エジソンによる本「The Diary and Sundry Observations of Thomas Alva Edison」よりThomas EdisonShow me a thoroughly satisfied man and I will show you a failure.
完全に満足しきった人がいたら、それは落伍者だ。- トーマス・エジソンによる本「The Diary and Sundry Observations of Thomas Alva Edison」より

 

関連名言  世界のアスリート・レジェンドから学ぶ【スポーツの名言・格言32選】
Genius is one percent inspiration and ninety-nine percent perspiration.天才とは、1%のひらめきと99%の努力である。- 1932年9月号 ハーパーズ バザー誌にエジソンの言葉として掲載Thomas EdisonGenius is one percent inspiration and ninety-nine percent perspiration.
天才とは、1%のひらめきと99%の努力である。- 1932年9月号 ハーパーズ バザー誌にエジソンの言葉として掲載

 

関連名言  22の名言とエピソードで知るアンディ・ウォーホル[英語と和訳]
The best thinking has been done in solitude. The worst has been done in turmoil.最上の思考は孤独のうちになされ、最低の思考は混乱のうちになされる。Thomas EdisonThe best thinking has been done in solitude. The worst has been done in turmoil.
最上の思考は孤独のうちになされ、最低の思考は混乱のうちになされる。

  To invent, you need a good imagination and a pile of junk.発明するためには、豊な想像力とゴミの山が必要だ。- ロナルド・C・アーキンによる本「Behavior-Based Robotics」にエジソンの言葉として掲載Thomas EdisonTo invent, you need a good imagination and a pile of junk.
発明するためには、豊な想像力とゴミの山が必要だ。- ロナルド・C・アーキンによる本「Behavior-Based Robotics」にエジソンの言葉として掲載

  Never get discouraged if you fail. Learn from it. Keep trying.失敗したわけではない。それを誤りだと言ってはいけない。勉強したのだと言いたまえ。Thomas EdisonNever get discouraged if you fail. Learn from it. Keep trying.
失敗したわけではない。それを誤りだと言ってはいけない。勉強したのだと言いたまえ。

  Many of life's failures are people who did not realize how close they were to success when they gave up.人生に失敗した人の多くは、諦めたときに自分がどれほど成功に近づいていたか気づかなかった人たちだ。- デボラ・ヘッドストローム・ページによる本「From Telegraph to Light Bulb with Thomas Edison」に1887年のエジソンの言葉として記載Thomas EdisonMany of life’s failures are people who did not realize how close they were to success when they gave up.
人生に失敗した人の多くは、諦めたときに自分がどれほど成功に近づいていたか気づかなかった人たちだ。- デボラ・ヘッドストローム・ページによる本「From Telegraph to Light Bulb with Thomas Edison」に1887年のエジソンの言葉として記載

  Discontent is the first necessity of progress.不満こそが、進歩するための鍵である。- トーマス・エジソンによる本「The Diary and Sundry Observations of Thomas Alva Edison」よりThomas EdisonDiscontent is the first necessity of progress.
不満こそが、進歩するための鍵である。- トーマス・エジソンによる本「The Diary and Sundry Observations of Thomas Alva Edison」より

  Everything comes to him who hustles while he waits.
待っている間もがんばる人にすべてのものはやってくる。- Edison Innovation Foundationよりエジソンの言葉として引用

  From his neck down a man is worth a couple of dollars a day, from his neck up he is worth anything that his brain can produce.首から下で稼げるのは1日数ドルだが、首から上を働かせれば無限の富を生み出せる。Thomas EdisonFrom his neck down a man is worth a couple of dollars a day, from his neck up he is worth anything that his brain can produce.
首から下で稼げるのは1日数ドルだが、首から上を働かせれば無限の富を生み出せる。