28の名言とエピソードで知る 哲学者マルクス[英語と和訳]

マルクス(Karl Heinrich Marx)の英語&和訳のおすすめ名言と人物像

マルクスの言葉-お気に入りBEST3

(1)Nothing can have value without being an object of utility.(それが誰の役にも立たないならそれは商品とは言えない。)
(2)The ruling ideas of each age have ever been the ideas of its ruling class.(革命は歴史の動力源である。)
(3)The writer must earn money in order to be able to live and to write, but he must by no means live and write for the purpose of making money.(各時代の支配的な思想は、いつの時代でも支配階級の思想である。)

20世紀の思想に多大な影響を与えたカール・ハインリッヒ・マルクスの生涯・功績・エピソード

【思想と筆鋒の鋭さで逃亡生活に追い込まれる】
20世紀の世界に最も多大な影響を与えた思想家の一人であるマルクスは、ドイツ西部のユダヤ人家庭に生まれた。ただし、一家はマルクスが6歳のときにプロテスタントに改宗した。長じてボン大学に入ったマルクスは学校の成績は優秀だったものの仲間と酒を飲んで騒ぎ大学から処分を受けたり、拳銃の不法所持で起訴された経験もあった。またのちに知人や同時代人などあらゆるものを敵に回して戦う闘争的姿勢もこのころからあったようであるときは敵対グループの一人と決闘して左目の上に傷を負った。その後ベルリン大学に移って哲学や法学、歴史を学んだマルクスはライン地方で発行されていたライン新聞に寄稿するようになりやがて主筆になるがマルクスの文章の鋭さを問題視した政府から発行禁止処分を受ける。このためマルクスはパリに移住して独仏年誌を発行するがこのなかでプロイセン王国に対する革命をよびかけたため激怒したプロセイン政府の要望でパリを退去させられてしまう。以後もその革命思想のためにブリュッセル、パリ、ケルン、パリと逃亡生活を続けたのち1849年にロンドンに移った後は死ぬまでロンドンで亡命生活を続けた。マルクスはこうした境遇をダンテと重ねあわせたようで資本論の序文などで神曲の一節を引用している。

【就職活動に失敗した貧困時代のマルクス】
ロンドンに移ったマルクスの生活は困窮を極める。米国紙への寄稿などでわずかばかりの収入を得た以外はエンゲルスの援助でどうにか暮らしていけたのである。資本家に仕えることになる企業への就職は自らの信条に反するとして避けていたマルクスだが実は、ロンドン鉄道事務所の出札係に応募したことがあった。ところがそのいかつい風貌と悪筆のために不採用になる。彼の悪筆ぶりは妻と親友エンゲルスぐらいしか理解できないといわれたほど。

【マルクスの功績】
資本主義社会の分析を通じて社会主義への移行を提唱。国際労働運動や革命運動を指導する。資本論や共産党宣言などを著し史的唯物論や弁証法的唯物論を提唱。これらはマルクス主義とよばれ後年に多大な影響を与える。

※初回投稿日:2018年1月20日

名前: マルクス
Name: Karl Heinrich Marx
生まれ: ドイツ トリーア
生年月日: 1818年5月5日
職業: 哲学者

マルクスの素敵な名言・格言の画像を保存して待ち受け画面やインスタグラム、ツイッター、Facebook等のSNSでお使いください。非商用利用の範囲内でご利用ください。当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

 

マルクス(Karl Heinrich Marx)の名言・格言・言葉 一覧

History repeats itself, first as tragedy, second as farce.
歴史は繰り返す、一度目は悲劇として、二度目は茶番劇として。

 

Democracy is the road to socialism.
民主主義は社会主義へと続く道である。

 

Nothing can have value without being an object of utility.
それが誰の役にも立たないならそれは商品とは言えない。
出典:資本論第1巻第1章

 

Social progress can be measured by the social position of the female sex.
社会の進歩は女性の社会的地位いによって測ることができる。

  The history of all previous societies has been the history of class struggles.
過去のすべての社会の歴史は、階級闘争の歴史である。- カール・マルクス とフリードリヒ・エンゲルスの共著「共産党宣言」より

  Reason has always existed, but not always in a reasonable form.
道理は常に存在しているが、それが必ずしも合理的な形とは限らない。

  Let the ruling classes tremble at a communist revolution. The proletarians have nothing to lose but their chains. They have a world to win. Workingmen of all countries, unite!
支配階級をして共産主義的革命におそれおののかせよ。プロレタリアは、自分の鎖のほかに失うものはなにもない。共産主義者は世界を獲得する。世界中のプロレタリアよ、団結せよ!- カール・マルクス とフリードリヒ・エンゲルスの共著「共産党宣言」より

  The ruling ideas of each age have ever been the ideas of its ruling class.
各時代の支配的な思想は、いつの時代でも支配階級の思想である。

  The theory of Communism may be summed up in one sentence: Abolish all private property.
共産主義の理論は一文にまとめることができる。それは「すべての私有財産を廃止する」である。- カール・マルクス とフリードリヒ・エンゲルスの共著「共産党宣言」より

  Art is always and everywhere the secret confession, and at the same time the immortal movement of its time.
アートはいつでもどこでも行われる秘密の告白であると同時にその時代を象徴する不朽なものでもある。

  Without doubt, machinery has greatly increased the number of well-to-do idlers.
疑いの余地なく、機械装置は裕福な怠け者たちの数を大きく増大させた。

  The only antidote to mental suffering is physical pain.
精神的な苦しみに対する唯一の解毒は肉体的な痛みです。

  Medicine heals doubts as well as diseases.
薬は病気を治すだけでなく疑いも治す。

  Religion is the impotence of the human mind to deal with occurrences it cannot understand.
宗教は、理解できない出来事に対処する人間の心のインポテンツである。

  The philosophers have only interpreted the world, in various ways; the point, however, is to change it.
哲学者は世界を様々に解釈してきたにすぎない。しかし重要なのは世界を変革することである。- フォイエルバッハに関する論文より

固定ページ: 1 2
タグ: