くまのプーさん作者|アラン・アレクサンダー ミルン22の名言[英語と和訳]

アラン・アレクサンダー ミルン(A. A. Milne)の英語&和訳の名言を理解するためのヒント-どんな人だったのか

アラン アレクサンダー ミルンは、ロンドン生まれのスコットランド人児童文学作家。「クマのプーさんシリーズ」の生みの親である。子供時代にSFの父と言われるハーバート ジョージ ウェルズに教えを受けて影響を受ける。大学在学中から英国のユーモア誌『パンチ』に投稿。第一次世界大戦が始まりミルンは軍隊に入り、通信将校となった。軍隊にいる時、兵営の娯楽用に昔話風の劇を書いた。戦後は劇作で身を立てる決心をする。そのころ息子クリストファーロビンも生まれた。息子の生活を観察したり、自己の幼年時代を思い出したりして書いた詩集が「クリストファーロビンのうた」であり、大ベストセラーになる。その後の「クマのプーさんシリーズ」で全盛期を迎える。クマのプーさんシリーズは、2つの物語集と2つの童話集からなる。挿絵はいずれもE.H.シェパードが手がけたが、当初、ミルン自身はもっと名のある画家に頼みたいと思っていたが、出来上がった挿絵を見て、自分の作品に挿絵を描く者はE.H.シェパードをおいて他にないと確信したという。プーさんのモチーフとなるミルン家のテディベアは、ファーネル社製のテディベアで、息子のクリストファーが1歳のときに誕生日プレゼントとしてハロッズで購入されたものであった。ミルンは背が高く、髪は薄めで鋭い目つきをしていて、ゴルフ好きなスポーツマン。彼の外見からはとても童話作家には見えなかったという。

名前: アラン・アレクサンダー ミルン
Name: A. A. Milne
生まれ: スコットランド(イギリス生まれ)
生年月日: 1882年1月18日
職業: 作家/文筆家

アラン・アレクサンダー ミルンの素敵な名言・格言の画像を保存してスマホ待ち受け画像としてお使いください。非商用利用の範囲内でご利用ください。当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

 

アラン・アレクサンダー ミルン(A. A. Milne)の名言・格言

If the person you are talking to doesn't appear to be listening, be patient. It may simply be that he has a small piece of fluff in his ear.たとえ、話しかけている相手が聞いていないように見えても、むっとしない。耳に小さな綿毛が入っちゃっただけかもしれないから。A. A. MilneIf the person you are talking to doesn’t appear to be listening, be patient. It may simply be that he has a small piece of fluff in his ear.
たとえ、話しかけている相手が聞いていないように見えても、むっとしない。耳に小さな綿毛が入っちゃっただけかもしれないから。

 

The third-rate mind is only happy when it is thinking with the majority. The second-rate mind is only happy when it is thinking with the minority. The first-rate mind is only happy when it is thinking.三流の人間は多数派と同じことを考えているときに幸せを感じる。二流の人間は少数派と同じことを考えているときに幸せを感じる。一流の人間は考えているときに幸せを感じる。A. A. MilneThe third-rate mind is only happy when it is thinking with the majority. The second-rate mind is only happy when it is thinking with the minority. The first-rate mind is only happy when it is thinking.
三流の人間は多数派と同じことを考えているときに幸せを感じる。二流の人間は少数派と同じことを考えているときに幸せを感じる。一流の人間は考えているときに幸せを感じる。

 

Any day spent with you is my favorite day. So today is my new favorite day.きみと過ごす日は、どんな日でもぼくの大好きな日。だから、今日はぼくの新たなお気に入りの日だ。A. A. MilneAny day spent with you is my favorite day. So today is my new favorite day.
きみと過ごす日は、どんな日でもぼくの大好きな日。だから、今日はぼくの新たなお気に入りの日だ。

 

The things that make me different are the things that make me.自分を変えてくれるものが、自分を作るものだ。A. A. MilneThe things that make me different are the things that make me.
自分を変えてくれるものが、自分を作るものだ。

 

Weeds are flowers too, once you get to know them.雑草も花なんだよ、一度それと知り合いになるとね。A. A. MilneWeeds are flowers too, once you get to know them.
雑草も花なんだよ、一度それと知り合いになるとね。

 

Sometimes, the smallest things take up the most room in your heart.ほんの些細なことが、きみの心のほとんどを占めることがある。A. A. MilneSometimes, the smallest things take up the most room in your heart.
ほんの些細なことが、きみの心のほとんどを占めることがある。

 

I think we dream so we don’t have to be apart for so long. If we’re in each other’s dreams, we can be together all the time.長く離れ離れにならなくてもいいように、夢をみるんだと思う。もし、ぼくたちが互いの夢の中に出てくれば、いつでも一緒にいられるから。A. A. MilneI think we dream so we don’t have to be apart for so long. If we’re in each other’s dreams, we can be together all the time.
長く離れ離れにならなくてもいいように、夢をみるんだと思う。もし、ぼくたちが互いの夢の中に出てくれば、いつでも一緒にいられるから。

 

When you see someone putting on his Big Boots, you can be pretty sure that an Adventure is going to happen.誰かが大きな長靴を履いているのを見たら、それは、絶対にこれから冒険が始まるってことだ。A. A. MilneWhen you see someone putting on his Big Boots, you can be pretty sure that an Adventure is going to happen.
誰かが大きな長靴を履いているのを見たら、それは、絶対にこれから冒険が始まるってことだ。

 

Rivers know this. There is no hurry. We shall get there some day
川は知ってる。急がなくてもいい、ボクたちはいつかそこに着けるから。

 

I'm not lost for I know where I am. But however, where I am may be lost.自分がどこにいるかわかっているから迷わない。でも、自分がいる場所を失ってしまうこともあるかもしれない。A. A. MilneI’m not lost for I know where I am. But however, where I am may be lost.
自分がどこにいるかわかっているから迷わない。でも、自分がいる場所を失ってしまうこともあるかもしれない。

 

How lucky I am to have something that makes saying goodbye so hard.さよならを告げるのがこんなにも辛いものをもっているなんて、僕はなんて幸せなんだろう。A. A. MilneHow lucky I am to have something that makes saying goodbye so hard.
さよならを告げるのがこんなにも辛いものをもっているなんて、僕はなんて幸せなんだろう。

 

A day without a friend is like a pot without a single drop of honey left inside.友だちに会えない日は、一滴も蜂蜜が残っていない壺のようなもんさ。A. A. MilneA day without a friend is like a pot without a single drop of honey left inside.
友だちに会えない日は、一滴も蜂蜜が残っていない壺のようなもんさ。

 

Promise me you'll always remember: You're braver than you believe, and stronger than you seem, and smarter than you think.ずっと忘れないと約束して。あなたは自分で思うよりも勇敢で、見た目より強く、そして考えているより賢い、ということを。A. A. MilnePromise me you’ll always remember: You’re braver than you believe, and stronger than you seem, and smarter than you think.
ずっと忘れないと約束して。あなたは自分で思うよりも勇敢で、見た目より強く、そして考えているより賢い、ということを。

 

You can't stay in your corner of the Forest waiting for others to come to you. You have to go to them sometimes.みんなが来るのを待ちながら、森の隅っこに居続けるわけにはいかない たまには、自分からみんなのところにいかなくちゃ。A. A. MilneYou can’t stay in your corner of the Forest waiting for others to come to you. You have to go to them sometimes.
みんなが来るのを待ちながら、森の隅っこに居続けるわけにはいかない たまには、自分からみんなのところにいかなくちゃ。

 

A little consideration, a little thought for others, makes all the difference.少しの心遣いと、他人への少しの思いやり。それがとてもよく効くんだよ。A. A. MilneA little consideration, a little thought for others, makes all the difference.
少しの心遣いと、他人への少しの思いやり。それがとてもよく効くんだよ。

 

What day is it,?” “It’s today” “My favorite day”「今日は何の日なの?」「今日は今日さ」「僕の大好きな日だ!」A. A. MilneWhat day is it,?” “It’s today” “My favorite day”
「今日は何の日なの?」「今日は今日さ」「僕の大好きな日だ!」

 

If there comes a day when we can’t be together, keep me in your heart, I’ll stay there forever.もし一緒にいれない日が来たら、僕を心の中に置いておいてね。ずっとそこに居るからさ。A. A. MilneIf there comes a day when we can’t be together, keep me in your heart, I’ll stay there forever.
もし一緒にいれない日が来たら、僕を心の中に置いておいてね。ずっとそこに居るからさ。

 

If you live to be a hundred, I want to live to be a hundred minus one day so I never have to live without you.君が100年生きるなら、僕はその100年の1日前まで生きていたい。そうすれば君なしで暮らさなくていいからさ。A. A. MilneIf you live to be a hundred, I want to live to be a hundred minus one day so I never have to live without you.
君が100年生きるなら、僕はその100年の1日前まで生きていたい。そうすれば君なしで暮らさなくていいからさ。

 

“How do you spell ‘love’?” “You don’t spell it…you feel it.”
『Love』の綴りは何だっけ?綴るものじゃない、感じるものだよ

 

There is a thing to think about when you become one. It is not how famous it was unless it is how much earned so far. There is a thing to think about when you become one. It is not how famous it was unless it is how much earned so far. “Is something useful for society doing?”
一人になった時にふと考えることがある。それは、これまでどれほど稼いだかでなければ、どれほど有名になれたかでもない。「何か社会に役立つことをしているか」ということである。

 

Some people talk to animals. Not many listen though. That’s the problem.動物に話しかける人はいるけど、聞こうとする人はほとんどいない それが問題なんだ。A. A. MilneSome people talk to animals. Not many listen though. That’s the problem.
動物に話しかける人はいるけど、聞こうとする人はほとんどいない それが問題なんだ。

 

Some people care too much. I think it’s called love他人のことを必要以上に大切にする。 それが愛ってやつだと思う。A. A. MilneSome people care too much. I think it’s called love
他人のことを必要以上に大切にする。 それが愛ってやつだと思う。