西ヨーロッパ統一した武人|カール大帝2の名言[英語と和訳]

カール大帝(Charlemagne)の英語&和訳のおすすめ名言と人物像

西ローマ皇帝として戴冠された西欧の覇者カール大帝-編集者のお気に入り
To have another language is to possess a second soul.(二つ目の言語を持つということは、二つ目の魂を持つということだ。)

カール大帝の功績・エピソード

【西ヨーロッパを統一し、フランス王国の最大版図を現出】
混乱していた西欧世界を統一し、教皇から西ローマ皇帝として戴冠されたカール大帝には、武人としてのイメージがつきまとう。確かに、フランク王国の最大版図を現出する過程では、ザクセン人やロンバルド(ランゴバルド)王国など、多くの敵との戦いがあった。しかし、そんな彼にはもう一つの需要な側面、「文化・教育の保護者」という面がある。
たとえば、ドイツ西部にあるアーヘンの宮廷などには各地から分人・学者を呼び寄せ、「宮廷学校」とよばれる教育機関を設けている。ここでは、ローマの古典文化を範としたラテン語の文法、修辞、理論に、算術、畿何、音楽、天分の4学科を加えた「教養7学科」が貴族や中・下層階級の子弟にも教えられた。主宰者であるカール大帝は、身分の貴賤に関係なく成績優秀者を褒めたたえ、そうでない者は叱咤して発奮を促したという。

【誰よりも熱心にラテン語を学ぶ】
そして、この学校で最も熱心に学んだ生徒の一人が、ほかならぬカール大帝自身だった。
彼はアルクインをはじめようとする師から熱心に教養を学び、この時代の唯一の文章語だったラテン語の読み書きを習得しようと、寝床にまで羊皮紙を持ち込んで書き取り練習をしていたという。
こうしたカール大帝の姿勢もあって宮廷学校は活気のある学び舎となり、やがて、ここで育った優秀な人材は、王国各地にある教会の司祭などとして取り立てられていった。さらに、彼らが自分の任地でも教育を広めていったことで、失われつつあった古代ギリシア・ローマの文化や芸術が受け継がれ、「カロリング・ルネサンス」とよばれる古典復興運動が花開いたのである。

名前: カール大帝
Name: Charlemagne
生まれ: エルスタル
生年月日: 742年4月2日
職業:

カール大帝の素敵な名言・格言の画像を保存してスマホ待ち受け画像としてお使いください。非商用利用の範囲内でご利用ください。当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

 

カール大帝(Charlemagne)の名言・格言

Right action is better than knowledge; but in order to do what is right, we must know what is right.正しい行動は知識だけより良いものだ。しかし、正しいことをするためには、何が正しいか知る必要がある。CharlemagneRight action is better than knowledge; but in order to do what is right, we must know what is right.
正しい行動は知識だけより良いものだ。しかし、正しいことをするためには、何が正しいか知る必要がある。

 

To have another language is to possess a second soul.二つ目の言語を持つということは、二つ目の魂を持つということだ。CharlemagneTo have another language is to possess a second soul.
二つ目の言語を持つということは、二つ目の魂を持つということだ。